尿路結石で痛むケース

『背中の痛み』タイトル
背中の痛みを症状から調べる 背中の痛みを原因から調べる
サブメニューに移動
背中の痛みの対策と予防 解剖図イラスト:背中の骨・筋肉 背中の痛みの体験談

スポンサーリンク

尿路結石とは(症状・原因・治療)

背中の痛みを引き起こす可能性のある病気の一つに「尿路結石(にょうろけっせき)」があります。
ここでは背中の痛みとの関係を交えながら解説します。


1.尿路結石が疑われる症状

背中の痛みのほかに、以下のような特徴や症状が見られる場合、尿路結石が発症している可能性があります。

とても強い腹痛や背中痛



  • わき腹から背中にかけての激しい痛みや鈍痛
  • 尿の異常や障害
    血尿、頻尿、排尿痛、尿が出にくい、残尿感など
  • 冷や汗、吐き気、嘔吐

尿路に結石ができると、左右どちらかのわき腹から背中にかけての痛みが発生します。
冷や汗や吐き気をともなう"突然の耐え難い激痛"であることが多く、痛みは断続的に続き、腰にまで響くこともあります。鈍い痛みだけのこともありますが、大抵は激しい痛みのために病院へ行くか救急車で運ばれることになります。

また、結石が尿路を傷つけたり膀胱を刺激するなどして以下のような尿の異常や障害が起こります。

排尿障害


  • 真っ赤な血尿が出る
  • 頻繁に尿意を感じてトイレの回数が増える(頻尿)
  • 尿が細くて出にくかったり、途中で途切れてしまったりする
  • 尿をする時に痛みを感じる(排尿痛)
  • 排尿後も尿が残っている感じがする(残尿感)

そのほか、膀胱に結石があると、排尿時以外でも下腹部に痛みを感じたり、結石による傷で細菌感染して発熱することもあります。結石が尿といっしょに体の外に排出されることもあります。

事前におなかの鈍痛や、血尿・頻尿などの尿の異常が見られた場合は、腎臓に何らかの障害が起きているサインですので、早急に病院の泌尿器科で診察を受けることをお勧めします。

◆尿路結石の種類

尿路結石は結石ができる箇所によって「腎結石」、「尿管結石」、「膀胱結石」、「尿道結石」に分けられます。
それぞれ症状の程度や現れやすさに若干の違いはありますが、主要な症状は共通しているため細かい違いについては省略します。

2.尿路結石とは 〜 原因と特徴

腎臓には血液を濾過して老廃物を取り除き「尿」にする働きがあります。
腎臓で作られた尿は、「腎臓〜尿管〜膀胱(ぼうこう)〜尿道」の順に、体の上から下へ流れて体外へ排出されます。この一連の通路のことを尿路といいます。

この尿路にできた「石(結石)」を総称して尿路結石と呼びます。
結石のある場所によってそれぞれ腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石と分けて呼ぶこともあります。

腎結石・尿管結石・膀胱結石

結石はそれぞれの場所でできることもあれば、腎臓など上流でできた結石が尿といっしょに流れて移動することもあります。結石が腎臓にあるうちは痛みがなくても、尿管以下まで流れて詰まると、尿管が傷つき激痛が起きます。

結石は1個のことが多く、2個以上あることは比較的珍しいケースです。

男性の発症率が高く、女性の2〜3倍です。年齢別では30〜50歳代に多く見られます。

◆結石ができる原因

結石
結石の大きさ

結石は、尿に含まれるシュウ酸やリン酸などの成分にカルシウムが結合して結晶化したものです。

何らかの原因によって尿路が狭くなったり、尿がうまく流れずに停滞したり、カルシウムの濃度が高まったりすると結石ができやすくなります。

結石の発生因子には以下のようなものがあります。


  • 尿路の形の異常(尿道狭窄
  • 尿路の感染症
  • カルシウム濃度の高まり(水分不足や高カルシウム尿症など)
  • 膀胱や尿道の病気
    前立腺肥大症による尿道の圧迫、神経因性膀胱(排尿に関わる神経の障害で排尿がうまく行われない病気)、膀胱憩室(膀胱の一部が膀胱外に飛び出たもの)、膀胱炎、膀胱損傷など
  • 代謝の異常
  • 副甲状腺機能亢進症やクッシング症候群などのホルモンの異常
  • ステロイドなどの薬の服用
  • 寝たきりなどで長期間横になる
  • 手術などで膀胱に異物が入る(異物を核にして結石が発生することがある)
※以前は、ほうれん草などの「シュウ酸」の多い食品も結石の原因となると言われていましたが、現在では関連性はないとされています。
◆結石の巨大化

前述したような「結石の発生」に関わる因子は、「結石の成長」の原因にもなります。

結石は、できた当初の小さい状態なら尿路を傷つけたり詰まったりすることなく、そのまま尿と一緒に排出されます。しかし徐々に成長し大きくなっていくと、痛みや排尿障害などの症状を引き起こします。

結石が大きくなる主な原因は「水分不足」「尿の停滞」です。

体内の水分が不足すると、尿内のカルシウム濃度が高まり結石が大きくなります。特にたくさん汗をかき、尿量が少なくなる夏場に起こりやすくなります。
尿道狭窄や尿路の病気によって尿がうまく流れないと、尿が長く尿路にとどまり、その間にカルシウムが付着して石が大きくなります。また、細菌が繁殖しやすくなり尿路の感染症が起こります。

◆合併症について

尿管に結石が長期間とどまっていると、尿管や腎盂がはれて大きくなり、水腎症や水尿管症(尿管が普通よりも広がってしまうもの)を併発します。細菌の感染が起こると急性腎盂腎炎も起こります。
ほかにも膿腎症膀胱炎が起こることもあります。

スポンサーリンク

3.診断・治療・予防

◆診断

腹部の激痛や血尿などの特徴的な症状が見られれば、尿路結石の疑いが高まるため、診断を確定するための検査を行います。

尿検査で血尿の有無を調べます
そのほか、X線撮影(レントゲン)、超音波検査、CTスキャンなどの画像検査で結石があるかどうかを確認します。

結石が小さく無症状なケースでは、健康診断で気付くことも多いようです。

◆治療

結石が小さい場合は、水分を多量に飲んだり、尿管を広げる薬を飲んだり、適度な運動を行うなどして、尿と一緒に排出させます。5mm以下の小さい結石なら、ほとんどは自然に排出させることができます。石が小さいと症状がない場合も多いですが、激痛が見られるときは鎮痛剤も服用します。

結石が大きく痛みや排尿傷害が起きている場合は、結石を摘出する手術を行ったり、自然排泄されるくらいまで小さく砕く治療法を行います。

【結石の摘出】
結石が大きすぎず、尿道の先端に近い位置にある場合、尿道口から鉗子を入れて結石をつまんで取り出します。結石が巨大だったり数が多い場合は、膀胱を開いて摘出する開腹手術を行います。

【結石の破砕】
尿道の奥に結石があるときは、膀胱まで押し戻してから結石を細かく砕き、自然排泄させる方法を行います。
尿道から内視鏡を挿入して結石を砕く「経尿道的尿管砕石術」や、体外から衝撃波をあてて結石を砕く「体外衝撃波結石破砕術」があります。

◆予防

水分補給で尿路結石予防

結石は症状が現れないほど小さいものなら問題ありません。
石を大きくしないためには、適度に運動する、バランスの良い食事をとる、水分を十分に摂取する(一日2〜3Lが目安)など、排尿を促すための対策をとることが大切です。

こうした対策を行っていても結石ができたり何度も再発を繰り返すようなら、結石ができる原因で解説したような「尿の流れを妨げる要因」(病気や尿道狭窄など)を取り除く必要があります。

4.その他

【受診科】

  • 泌尿器科

【背中の痛みのある腎臓の病気・障害】

【尿路結石の原因となる病気】

  • 前立腺肥大症、神経因性膀胱、膀胱憩室、膀胱炎、高カルシウム尿症など

【尿路結石が原因で起こる病気(合併症)】

  • 腎盂腎炎、水腎症、水尿管症、膿腎症、膀胱炎など
スポンサーリンク

このページの最初に戻る

トップに戻る