背中の痛みの原因 〜 「水腎症」

『背中の痛み』タイトル
背中の痛みを症状から調べる 背中の痛みを原因から調べる
サブメニューに移動
背中の痛みの対策と予防 解剖図イラスト:背中の骨・筋肉 背中の痛みの体験談

メニュー > 体の部位ごとの症状 > 腹部 > 水腎症

水腎症とは(症状・原因・治療)

背中の痛みを引き起こす可能性のある病気の一つに「水腎症(すいじんしょう)」があります。
ここでは背中の痛みとの関係を交えながら解説します。

スポンサーリンク

1.水腎症が疑われる症状

背中の痛みのほかに、以下のような特徴や症状が見られる場合、水腎症が発症している可能性があります。

腰やお腹まわりが痛む



  • 腰、わき腹、下腹部(みぞおち)の痛み

左右の腎臓のどちらかで水腎症が発症した場合、起きた方の背中やわき腹から腰、下腹部にかけて強い痛みが続きます。

症状がゆっくりと進行する慢性型の場合は、目立った症状が現れなかったり、わき腹〜腰に鈍い痛みや違和感、不快感を感じたりします。

また、尿路の感染症が起きて腎盂腎炎を併発した場合には高熱が生じます。

2.水腎症とは 〜 原因と特徴

腎臓でできた尿は、腎臓〜尿管〜膀胱(ぼうこう)〜尿道の順に流れて排出されます。この一連の通路のことを尿路といいます。

尿路が狭くなったり詰まったりして流れが悪くなった結果、尿が腎臓の内部にたまり、腎盂(じんう)と腎杯(じんぱい)が尿でいっぱいになって広がった状態を水腎症といいます。

たまった尿によって内側から圧迫されると、腎臓は萎縮(細胞数が減ること)してしまい、機能が低下します。

腎臓と膀胱の間で尿の流れが悪くなると片方の腎臓が水腎症となり、膀胱から尿道の間なら両方の腎臓が水腎症になります 左右どちらかの腎臓に起こることが多いですが、両方の腎臓に起こると尿が完全に出なくなり、腎機能が著しく低下して急性腎不全となってしまいます。


水腎症のイラスト図解

◆尿路がふさがる原因

原因は「先天性(生まれつき)」と「後天性」の大きく二つに分かれます。

先天性のものは大半が子どもに見られ、生まれつき尿管が狭かったり、形や機能の異常があることが原因になります。

大人になると病気や障害によって起こる後天性が多くなります。
尿路結石、前立腺肥大症、腎盂がん、尿管がん、膀胱がん、前立腺がんなど、主に循環器系・泌尿器系の器官の病気によって尿路の流れが悪くなります。
ほかにも直腸がんの広がりや、手術の合併症を原因として起こることもあります。女性の場合は、妊娠中に子宮が大きくなって尿管が圧迫されて水腎症になることもあります。この場合は、出産すると水腎症もなくなります。

スポンサーリンク

3.診断・治療・予防

◆診断

水腎症が発症しているかどうかは、腹部の超音波検査で簡単に分かります。
更に病気の程度や発生箇所を調べるための検査を行います。

血液検査や尿検査では、腎機能の低下の度合いや感染症の有無が分かります。
CTスキャン、静脈性腎盂撮影、尿路造影、腎シンチグラフィなどの画像検査では、障害がどこで発生していて、腎盂がどのくらい広がっているかなどを調べます。

【関連項目】

◆治療

病気の程度や原因によって治療法は違ってきます。

生まれつきの障害が原因であれば、手術による治療が基本になります。患者の年齢や障害の程度を考慮して手術を行うかを決めます。

後天性の場合は、原因となっている病気の治療が基本です。

尿路の流れを悪くしている要因を取り除き、尿が正常に流れるようにして腎機能を回復させます。
腎臓の萎縮が進んで組織が薄くなっていると、尿路の流れを元に戻しても機能回復が望めないこともあります。こうした場合は、もう一つの腎臓が十分に機能していることを前提に、腎臓の摘出手術を行います。

4.水腎症データ

【受診科】

  • 腎臓内科、泌尿器科

【水腎症の原因となる病気】

  1. 先天性の水腎症
    尿管瘤、尿管異所開口、尿管開口異常、尿道弁、尿道狭窄、真性包茎など
  2. 後天性の水腎症
    尿路結石、腎盂がん、尿管がん、膀胱がん、前立腺肥大症、前立腺がん、大腸がん、直腸がん、子宮がん、単純性腎嚢胞など

【水腎症が原因で起こる病気(合併症)】

  • 腎盂腎炎、急性腎不全、膿腎症など
スポンサーリンク

トップに戻る