心筋梗塞で痛むケース

『背中の痛み』タイトル
背中の痛みを症状から調べる 背中の痛みを原因から調べる
サブメニューに移動
背中の痛みの対策と予防 解剖図イラスト:背中の骨・筋肉 背中の痛みの体験談

背中の痛み TOP > 体の部位ごとの症状 > 胸部 > 心筋梗塞
スポンサーリンク

心筋梗塞とは(症状・原因・治療)

背中の痛みを引き起こす可能性のある病気の一つに「心筋梗塞(しんきんこうそく)」があります。
ここでは背中の痛みとの関係を交えながら解説します。


1.心筋梗塞が疑われる症状

背中の痛みのほかに、以下のような特徴や症状が見られる場合、心筋梗塞が発症している可能性があります。

心臓付近の胸と背中の痛み



  • 胸の前部に圧迫感を伴う激痛が走り、痛みが30分以上続く
    ※何の前ぶれもなく突然痛むこともあれば、数日から数週間前に兆候として、弱い痛みの短時間の発作を経験する場合もあります。

心筋梗塞の痛みは"激痛"で、発作後は次第に顔色が悪くなり、手足が冷たくなり、冷や汗、吐き気、腹痛、チアノーゼ、血圧の低下、意識障害などが見られ、血液不足によるショック状態に陥ったり、不整脈が起こって急死することもあります。

このような症状が表れた場合、心筋梗塞が発症している可能性が高いです。1回の発作で4人に1人は死亡するほど危険な病気なので、一刻も早く内科のある大きな病院に行き、早急な治療が必要となります。

◆発作の前兆で背中が痛むことがある

激しい発作の前兆として、心臓を中心とした胸を圧迫されるような、しめつけられるような発作が起こることがあります(狭心症発作)。
痛みは左胸、左肩、左腕、首、みぞおちなどに感じることが多く、心臓から背中にかけて圧迫されるような息が詰まるような鈍痛として感じることもあります。

過去に心筋梗塞や狭心症といった心臓の病気(心疾患)にかかったことがある、または現在治療中である人でも同様に背中の痛みを感じることがあります。

2.心筋梗塞とは 〜 原因と特徴

心臓の筋肉(心筋)はポンプのように「収縮と拡張」を繰り返して全身に血液を循環させています。
この心筋に栄養を与える「冠状動脈」が完全に詰まってしまい、心臓に血液が送れなくなって心臓が壊死(組織の一部分が死ぬこと)してしまうのが心筋梗塞です。

心筋梗塞の状態(クリック拡大)
図解:心筋梗塞の原因

心筋梗塞の主な原因は 「冠状動脈硬化症」、いわゆる動脈硬化血栓よって冠動脈が詰まることです。

動脈硬化と血栓の原因には色々ありますが、主なものとして、「高血圧、糖尿病、高脂血症高LDLコレステロール血症」、「喫煙、肥満、運動不足、ストレス」、「加齢」が挙げられます。

スポンサーリンク

3.診断・治療・予防

心筋梗塞が疑われる症状が現れたら一刻の猶予もありません。すぐに内科・循環器科のある病院で診察を受けてください。症状が重い時は救急車を呼びましょう。

定期診断で背中の痛みを予防

心筋梗塞の症状が現れる前段階として、発作の症状が軽めの狭心症を発症するケースが多いです。できればこの狭心症の段階で病気を発見して、早期に治療を行い、心筋梗塞まで発症させないのが一番です。そのためにも一年に一度は必ず健康診断や人間ドックを受け、異常があれば必ず医師の指示に従って治療に努めることです。


心筋梗塞の原因となる動脈硬化は、加齢によるものを除き、大半は規則正しい生活を送ることで回避することができます。

日常生活ではストレス解消も兼ねて適度な運動を行い、暴飲暴食は避け、偏った食生活を見直し、禁煙し、血圧が上がる行為は控え、十分な睡眠をとるといった健康的な生活習慣を心がけましょう。

4.その他

【受診科】

  • 循環器内科、心臓血管外科

【心筋梗塞の原因となる病気・障害】

  • 動脈硬化(症)、狭心症

【心筋梗塞が原因で起こる病気(合併症)】

  • 不整脈心不全 (これらも発症すると死亡率が高まる)
  • 心破裂、心室瘤、心筋梗塞後症候群、心室細動、房室ブロック、乳頭筋断裂、など

【背中の痛みのある心臓・血管の病気・障害】

スポンサーリンク

このページの最初に戻る

トップに戻る