背中と胸部に異常が発生するケースについて

『背中の痛み』タイトル
背中の痛みを症状から調べる 背中の痛みを原因から調べる
サブメニューに移動
背中の痛みの対策と予防 解剖図イラスト:背中の骨・筋肉 背中の痛みの体験談

『胸部』にも症状がみられる病気・障害

背中の痛みのほかに、胸部に様々な症状が現れる可能性のある病気や障害を紹介します。

現れる症状の内容や程度には個人差がありますので、あくまで参考とするに留めてください。

病名をクリックすると、病気の詳しい解説ページに移ります。

<目 次>

  1. 胸の痛み
  2. 胸焼け・胸のむかつき
スポンサーリンク

1.胸の痛み

【主な症状・特徴】
  • 息を吸ったり、深呼吸をしたときに胸や背中が痛む
【主な原因】
  • 事故や転倒などによる胸や背中への強い衝撃

肺や、肺を包む膜(胸膜)に炎症が起きた状態

【主な症状・特徴】
  • せきが長く続いている
  • せきといっしょにタンも良く出る
  • タンに血が混じる(血痰)
  • 動悸、息切れ、呼吸困難
  • 発熱、寒け、胸の痛み、だるさ
  • 風邪やインフルエンザと症状が非常によく似ている
【主な原因】
  • かぜやインフルエンザの悪化で発症する例が多い

心臓の筋肉に栄養を送る冠状動脈に障害が起きて、心臓に送る血液が不足する病気

【主な症状・特徴】
  • 胸に起こる発作的な痛み。胸から喉(のど)、左肩、左腕などに広がりやすい
  • 背中の左側の痛み
  • 胸の痛みが主だが、腹痛、頭痛、動悸、息切れ、吐き気などが見られることも
【主な原因】
  • 動脈硬化によるものが多い。動脈硬化はコレステロールの摂り過ぎ、糖尿病、高血圧、喫煙、肥満、運動不足、ストレス、加齢などによって起こる

心臓の筋肉に栄養を送る冠状動脈がふさがり、心臓に血液が送れなくなった状態

【主な症状・特徴】
  • 胸の前部に圧迫感を伴う激痛が走り、痛みが30分以上続く
  • 背中の左側の痛み
【主な原因】
  • 動脈硬化や血栓よって冠動脈が詰まる。これらはコレステロールの摂り過ぎ、糖尿病、高血圧、喫煙、肥満、運動不足、ストレス、加齢などによって起こる

大動脈が弱くなって「こぶ」のようにふくらんだり、動脈の壁が裂けてしまった状態

【主な症状・特徴】
  • 咳(せき)、息切れ、しわがれ声、物が飲みにくい
  • 胸の痛み
  • 顔のむくみ
  • 動脈が破れると胸と背中に激痛が起こる。腹部や腰に及ぶこともある
【主な原因】
  • 動脈硬化によるものが多い。動脈硬化はコレステロールの摂り過ぎ、糖尿病、高血圧、喫煙、肥満、運動不足、ストレス、加齢などによって起こる

肋骨(あばら骨)の間を走る肋間神経が骨に触れるなどして痛みが起こる

【主な症状・特徴】
  • 胸に発作的な激痛がある。
    特に呼吸に合わせて痛むことが多い。物を持ち上げる時にも傷みやすい
  • 息を吸ったり、深呼吸をしたときに背中が痛む
【主な原因】
  • かぜ、帯状疱疹、胸の骨の病気や骨折、心臓の病気など

通常は背中側にカープしている胸椎が前方へ突き出てしまっている状態

【主な症状・特徴】
  • 胸の痛み。特に深呼吸をした時に激しく痛む
  • 背骨を後ろから押されたような圧迫感がある
  • 上向きで寝れない
  • ダンサーなど、柔軟性が必要な趣味や仕事の人に多い
【主な原因】
  • 胸を前に反らせるような圧力が継続的にかかる(頻繁に胸を反らせたり、背中のマッサージなどで長く胸を圧迫されるなど)
スポンサーリンク

このページの最初に戻る

2.胸焼け・胸のむかつき

胃に炎症が起きたり(胃炎)、粘膜がえぐられたり(胃潰瘍)、悪性腫瘍ができるもの(胃がん)。

【主な症状・特徴】
  • 背中や腰の左側の痛み
  • 空腹時や食後の腹痛(食事中は痛みが軽くなる)
  • 腹痛(胃のあたり)、胸焼け、胸や胃のむかつき、吐き気、嘔吐、頭痛
  • 重症時は吐血や血の混じった便も
【主な原因】
  • 暴飲暴食、お酒の飲み過ぎ、刺激の強い飲食物、特定の薬剤
  • ピロリ菌の感染(慢性胃炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍)
  • ストレスや不規則な生活

食道に炎症が起きている状態

【主な症状・特徴】
  • 胸焼け、胸のあたりの不快感
  • 食べ物を飲み込むときに、のどから胸のあたりが痛む(しみる)
  • 空腹時でもお腹が張っている感じ、満腹感がある
  • 食事中、横になった時、前かがみの時などに胃酸の逆流を感じる
  • げっぷがたくさん出て、嘔吐する(嘔吐感がある)
  • みぞおちや胸の痛み
【主な原因】
  • 胃酸の分泌を増やす行為(暴飲暴食、刺激の強い食べ物の摂取、飲酒・喫煙など)。そのほかストレス、腹圧の上昇、ウイルス感染など
スポンサーリンク

このページの最初に戻る

トップに戻る