化膿性脊椎炎(脊髄炎)で痛むケース

『背中の痛み』タイトル
背中の痛みを症状から調べる 背中の痛みを原因から調べる
サブメニューに移動
背中の痛みの対策と予防 解剖図イラスト:背中の骨・筋肉 背中の痛みの体験談

背中の痛み TOP > 体の部位ごとの症状 > その他の症状 > 化膿性脊椎炎
スポンサーリンク

化膿性脊椎炎とは(症状・原因・治療)

背中の痛みを引き起こす可能性のある病気・障害の一つに化膿性脊椎炎(かのうせいせきついえん)があります。
ここでは背中の痛みとの関係を交えながら解説します。


1.化膿性脊椎炎が疑われる症状

背中の痛みのほかに、以下のような特徴や症状が見られる場合、化膿性脊椎炎が発症している可能性があります。


  • 背中や腰に"急で激しい痛み"がある
    →痛む箇所をたたくと非常に痛む
  • 安静にしていても痛む
  • 寒けや発熱など、風邪のような症状が見られる

背中から腰にかけて"突然の激痛"が起こり、ときに発熱も起こります。
患部をたたくと非常に痛み、時間の経過とともに次第に痛みが激しくなることもあります。
背中を動かさなくても痛みがおさまらず、ひどい場合は、痛みで夜に目が覚めたり、背中を前後に曲げられなくなったりします。


<化膿性脊椎炎に症状が似ている病気>


2.化膿性脊椎炎とは 〜 原因と特徴

画像:細菌

脊椎(背骨)に細菌が侵入して炎症を起こし、膿(うみ)がたまる(化膿する)病気が化膿性脊椎炎です。骨髄(骨の中心にある血液細胞を作る組織)が侵されている場合は化膿性骨髄炎と呼ぶこともあります。

脊椎が細菌感染する経路はいくつかあります。

  • 血行性感染
    →ほかの病気によって化膿した体内の組織から、細菌が血液の流れに乗って脊椎に進入する
  • 膀胱炎などの泌尿器や生殖器系の病気で起きた炎症が、静脈を介して脊椎に広がる
  • 脊椎や椎間板の手術、または体に針を刺したり切開して行う検査をした時に外部から直接感染する

【化膿性脊椎炎の主な原因】
脊椎の細菌感染による化膿性炎症


◆こんな時に起こりやすい、なりやすい人

免疫力(抵抗力)が低下している場合に起こりやすくなります。

仕事で疲れがたまる

悪性腫瘍(ガン)、糖尿病、肺炎、膠原病、肝硬変、骨髄疾患など、全身性の病気にかかっていると免疫力が大きく低下します。
病気以外で免疫力を低下させる要因は、「高齢」、「過労状態」、「ストレス」などです。

歳をとるほど免疫力が弱まるため、中高年者がかかりやすくなります。また、仕事続きで疲れていたり、不安やストレスが溜まっていたり、睡眠不足だったり、栄養バランスが悪かったりと、不規則で不健康な生活を続けている人も抵抗力が低下します。これらの要因が重なるほど発症しやすくなります。

スポンサーリンク

3.診断・治療・予防

◆診断
病巣のMRI画像
画像:破壊・変形した背骨

問診の結果、細菌感染が疑われる場合、病状を詳しく調べるための検査を行います。
血液検査で、白血球数や特定のタンパク質の濃度などを調べます。また、X線検査(レントゲン)、MRI検査、CTスキャン、骨シンチグラフィなどの画像検査によって脊椎の破壊の状態を調べます。化膿した病巣から組織を採取して細菌の種類を調べる「生検」を行うこともあります。

【関連項目】

◆治療

治療の基本は、抗生物質の点滴を行いながら安静を保つことです。
ほかには体外から針を刺して病巣をかき出す方法や、高気圧酸素療法なども行われます。
高気圧酸素療法とは、専用の装置の中で気圧の数倍の圧力をかけて純酸素を呼吸させる治療法です。酸素量を増やすことで殺菌効果と白血球の働きを高めることができます。

こうした治療法で効果がない時は手術を行います。
膿んだ病巣を取り除いたあとに患部を洗浄して細菌を完全に除去します。骨の破壊が進行している場合は、骨固定術や骨移植を行ったりします。

【関連項目】

4.その他

【化膿性脊椎炎の原因となる病気】

  • 膀胱炎などの泌尿器や生殖器系の病気、扁桃炎など

背中の痛みのほかに「風邪のような症状」を伴う病気

スポンサーリンク

このページの最初に戻る

トップに戻る