脊椎カリエス痛むケース

『背中の痛み』タイトル
背中の痛みを症状から調べる 背中の痛みを原因から調べる
サブメニューに移動
背中の痛みの対策と予防 解剖図イラスト:背中の骨・筋肉 背中の痛みの体験談

背中の痛み TOP > 体の部位ごとの症状 > 腰・背骨 > 脊椎カリエス
スポンサーリンク

脊椎カリエスとは(症状・原因・治療)

背中の痛みを引き起こす可能性のある病気の一つに「脊椎カリエス(せきついカリエス)」があります。
ここでは背中の痛みとの関係を交えながら解説します。


1.脊椎カリエスが疑われる症状

背中の痛みのほかに、以下のような特徴や症状が見られる場合、脊椎カリエスが発症している可能性があります。

背中の痛みや違和感



  • 背骨を中心にコリや鈍痛、動きの違和感を感じる
  • 背中や腰を動かした時、叩いた時に痛みを感じる
  • 体を動かさず安静にしていても痛むことがある
  • 全身がだるく食欲がない
  • 発熱がある

【初期症状】
症状の進行は比較的遅く、はじめは腰や背中の背骨のあたりに軽い痛みやコリが発生し、慢性的に長く続きます。患部をたたいた時にも痛むのも特徴です。また、「疲れやすい」「だるい」「食欲がなく体重が減る」といった全身症状も現れてきます。

【中期】
病状が進むと徐々に痛みが強まってきます。夜寝ている時など安静にしていても痛むようになり、微熱が出ることもあります。患部に膿(うみ)がたまってコブができたり、脊椎の破壊や変形によって背骨が後ろに曲がったりします。

【重症時】
更に病気が悪化すると、中枢神経が圧迫されて下半身のしびれや麻痺、尿がでにくい・尿がもれる(失禁)・頻尿などの排尿障害が起こることもあります。更に進むと、背中や腰をさわると分かるほどに膿の量が多くなり、神経を圧迫して下半身の麻痺や排尿障害などが見られることもあります。
夜間にも強い痛みがでたり微熱が出ることも特徴です。


<脊椎カリエスに症状が似ている病気>


2.脊椎カリエスとは 〜 原因と特徴

脊椎の構造(クリック拡大)
背骨・椎骨・椎間板

脊椎カリエスとは、結核菌が血管を通じて脊椎に転移することで発症し、感染した部位に炎症が起こり、骨や椎間板が破壊されて膿(うみ)が発生する病気です。「結核性脊椎炎」とも呼ばれます。

感染した部位によって胸痛、背中痛、腰痛などが起きます。

脊椎の破壊の進行が遅いため、初期の症状は軽く慢性的です。病気に気付かずに放っておくと、脊椎の破壊が広がって脊椎が変形して背中が曲がってきます。変形によって神経が圧迫されると下半身麻痺などの重篤な症状が現れることがあります。

◆結核菌の感染経路

過去に肺結核や腎結核にかかったことのある人が、病気が治った後でも結核菌が体内に残っていて、それが免疫力の低下など何らかの理由で活性化することで発症する「二次性疾患」のケースが見られます。
他にも周囲の結核患者からの感染、BCG注射からの感染などがあります。
特に幼児、高齢者、何らかの疾患をもつ人など、免疫力の低い人がかかりやすいので要注意です。

【脊椎カリエスの主な原因】
体内に残っていた結核菌の再活性化による感染

スポンサーリンク

3.診断・治療・予防

◆診断
破壊され変形した脊椎
(MRI画像)
変形した背骨のMRI画像

痛みなどの特徴から脊椎カリエスが疑われる場合、病状を詳しく調べるため血液検査や画像検査を行います。

血液検査では、白血球数や特定のタンパク質の濃度などを調べます。
また、病気の初期に椎間板が侵されて薄くなることが特徴なので、X線検査(レントゲン)で確認します。更に溜まった膿を確認したり、詳しい病状や病巣の広がりを見るために、MRI検査、CTスキャン、骨シンチグラフィなどの画像検査も行われます。
最終的な判断は「生検(針で組織の一部を採取する検査)」で患部の組織を採取し、結核菌の有無を調べます

【関連項目】

◆治療

病気が初期の段階ならば、感染した部位をギプスやコルセットで固定し、安静にしながら抗生物質の点滴を行う薬物療法が基本です。炎症が治りにくい時は、炎症部分を電気やレーザーを使って焼き固める治療が行われることもあります。

こうした保存的療法で効果がない時や、骨の破壊が進んだり下半身のマヒがあるなど重症化した場合は病巣を取り除く手術を行います。手術で脊椎の病巣を取り除き、骨の破壊が進行している場合は、骨固定術や骨移植手術も行われます。

周囲への感染を防ぐために、疑いがあればすぐに検査を受けることが大切です。正しい治療を受ければ、やや時間は長くかかるものの必ず治る病気です。

【関連項目】

4.その他

【脊椎カリエスの原因となる病気】

  • 結核(肺結核や腎結核など)

背中の痛みのほかに「風邪のような症状」を伴う病気

スポンサーリンク

このページの最初に戻る

トップに戻る