胃潰瘍や十二指腸潰瘍で痛むケース

『背中の痛み』タイトル
背中の痛みを症状から調べる 背中の痛みを原因から調べる
サブメニューに移動
背中の痛みの対策と予防 解剖図イラスト:背中の骨・筋肉 背中の痛みの体験談

メニュー > 体の部位ごとの症状 > 背中の左側の痛み > 胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃潰瘍・十二指腸潰瘍とは(症状・原因・治療)

背中の痛みを引き起こす可能性のある病気の一つに胃潰瘍(いかいよう)や十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)があります。
ここでは背中の痛みとの関係を交えながら解説します。

スポンサーリンク

1.胃潰瘍・十二指腸潰瘍が疑われる症状

背中の痛みのほかに、以下のような特徴や症状が見られる場合、胃潰瘍または十二指腸潰瘍が発症している可能性があります。

腹部・みぞおちの痛み



  • 背中の左側が痛む(胃潰瘍)
  • お腹がすいている時や食事の後に腹痛がある
    (※食事中は痛みが軽くなる)
  • お腹を中心に背中まで痛み、長く続く
    (潰瘍が進行し、臓器に穴があいた状態)
  • 胸焼け、ゲップ、嘔吐、食欲不振
  • 貧血、吐血(血を吐く)、黒い便が出る(下血)

最も特徴的な症状は、"空腹時の腹痛(胃痛)"です。「みぞおち」や「へそ」のあたりが痛くなります。
食事をしている間は一時的に痛みが軽くなりますが、食後2〜3時間たつとまた痛くなります。

背中から腰にかけての痛みもよく見られます。特に夜寝ている間に上腹部(みぞおち)や背中が痛みます。背中や胸が痛むときは潰瘍がひどくなっている場合が多く、痛みは患部に近い「体の左側」に見られる傾向があります。

◆その他の症状

胸焼けやゲップもよく見られる症状です。他には、吐き気や食欲不振、貧血も起こります。

潰瘍がひどくなると出血して「吐血」や「下血」がおきます。吐血は胃酸と混ざった茶色っぽい血を吐き、下血は黒いタール状の便がでます。大量に出血すると 脈拍が早まり、貧血、冷や汗、血圧の低下なども起きて意識を失ったり、動脈が損傷するとショック状態になり死亡することもあります。
こうした「出血にともなう症状」が現れたら特に注意が必要です。

ここまで比較的多く見られる症状を挙げましたが、中にはこうした症状がなく、健康診断や人間ドックで発見される例も少なからずあります。早期発見のためにも検診は定期的に受けましょう。

2.胃潰瘍・十二指腸潰瘍とは 〜 原因と特徴

胃や十二指腸の粘膜が、なんらかの原因によって溶けてえぐられたような状態になったものが胃潰瘍十二指腸潰瘍です。

粘膜の上層部分がなくなった状態を「潰瘍(かいよう)」と呼び、下層もなくなって臓器の壁に穴があいた状態を「穿孔(せんこう)」といいます。


潰瘍と穿孔(クリック拡大)
イラスト図解:胃潰瘍・穿孔

潰瘍を何度も繰り返すと、その傷跡が変形して、食べたものが通過する箇所がせまくなる障害を引き起こすことがあります。すると食べ物が通りにくくなり、もたれ感、吐き気、嘔吐を感じます。ひどくなると栄養障害を引き起こしてやせてきます。

潰瘍がひどくなって完全に穴があいた状態(穿孔)になると、みぞおちから腹部全体の激痛が起こり、徐々にお腹全体や背中にまで広がり、刺すような強い痛みが長く続きます。穴から出血して吐血や下血、発熱なども現れてきます。穿孔は胃潰瘍よりも十二指腸潰瘍のほうが多く起こります(約2倍)。

穿孔が進んで「肝臓」や「胆嚢」などの周辺臓器にも穴があくと、肝膿瘍、急性胆嚢炎、急性胆管炎などの病気を発症することがあります。早期に処置しないと、穴から消化物や胃液が流れ出ることで腹膜炎を起こして死亡することもあります。

◆潰瘍ができる原因

多くの場合、「ピロリ菌感染」が原因であると考えられています。

胃全体にピロリ菌が感染すると、胃粘膜が萎縮して潰瘍が発生します。また、ピロリ菌が、胃酸が過剰に分泌されないようにする物質の働きを阻害してしまうため、潰瘍が発症しやすくなるとも言われます。

薬物が原因であるケースもよく見られます。「非ステロイド性抗炎症薬」、「ステロイド薬」、「抗がん剤」、「骨粗しょう症の治療薬」などがあります。

そのほか、精神的なストレス、胃液の過剰分泌、血流障害なども要因の一つで、これらが複雑にからみあった結果、潰瘍が発生しやすくなります。

また、一部の薬の服用によって潰瘍が重症化することがあります。
抗血小板薬としてのアスピリン、腰痛や肩こりに効果のあるジクロフェナク、ロキソプロフェン、イブプロフェンなどの鎮痛薬を長期間服用すると胃の粘膜を刺激するため、酸分泌抑制薬や胃粘膜保護薬は必ず併用しましょう。

◆こんな人に発症しやすい

胃潰瘍は40〜50歳代に多くみられる病気です。
それに比べ、十二指腸潰瘍は30歳代以下の若い世代に発症しやすく、男性が女性の2倍と多めです。身体的・精神的ストレスによって乳児や児童に発症することもあります。

不安やストレス

ストレスの多い人や不規則な生活を送る人にも発症しやすく、胃潰瘍や十二指腸潰瘍はストレスで起こる病気としても有名です。
また、アルコールや消化の悪い食べ物、刺激の強い食べ物(熱すぎるもの、冷たすぎるもの、辛いもの、炭酸飲料、コーヒーなど)、は胃液を大量に分泌させます。食べ過ぎ・飲み過ぎやタバコも胃酸の分泌を促します。

スポンサーリンク

3.診断・治療・予防

◆診断

バリウム検査による胃画像

消化管造影検査、いわゆる「バリウム検査」(胃のX線検査)による胃の画像から潰瘍や穿孔の状態を確認したり、内視鏡検査で胃の内部を直接モニターで確認するなどして診断を確定します。

その他、出血が起きているか確認するための血液検査が行われることもあります。


◆治療

ピロリ菌を除菌する薬物療法をメインに、食事療法も並行して行います。

はじめに 一週間ほど抗菌薬を投与してピロリ菌を除菌します。完全に除菌すれば、潰瘍が治るだけでなく再発の可能性もかなり低くなります。そのほか、胃酸や消化酵素の分泌や消化力を抑えるための薬や、場合によってはストレスを軽減させるための抗不安薬なども服用されます。

潰瘍自体は薬で比較的簡単に治るのですが、症状が出なくなったからといってすぐに薬をやめると、除菌されなかった菌が増殖して再発することがよくあります。えぐれた胃の壁が完全に治るのにも時間がかかるため、薬は量を少なくして長く飲み続ける必要があります。少なくとも2ヶ月間は薬の服用が必要だと考えられています。再発はたいてい1年以内に見られるので、病気が治っても約1年間は薬を飲み続けましょう。

潰瘍から出血がある場合は、内視鏡を用いた腹腔鏡下手術などで止血してから除菌を行います。
胃壁に穴が開く「穿孔」が起きている場合も原則として手術を行います。穿孔がひどくて痛みが激しかったり、他の病気を合併している場合は緊急手術が必要になることもあります。

◆予防

消化の良い食物・悪い飲物

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は再発が多い病気です。

症状の改善と再発防止のために規則正しい生活も不可欠です。1日3食を決まった時間にとり、胃が長時間、空の状態にならないようにします。メニューは消化のよいものを中心とし、消化の悪いものやタバコなどの刺激物は控えます。

また、普段から睡眠は十分にとり、「運動をする」、「趣味に打ち込む」、「リラックスできる時間を作る」などの健康的なストレス解消法を持つようにしましょう。

胃にやさしい消化の良い食べ物

  • 米やイモ類などの炭水化物。パンや麺類の原料となる小麦はあまり消化が良くないため、うどんなどの柔らかいものがおすすめ
  • 魚、卵、豆類、乳製品などのタンパク質(脂分の多い肉は除く)
  • ヨーグルトやチーズ、納豆、味噌など、乳酸菌の多い食べ物や発酵食品
  • ビタミン・ミネラル類の豊富な野菜や果物。ただし酸味の強い果物は除く。また、食物繊維は消化が悪いため、豊富に含む食材のとりすぎに注意。ただし、整腸作用があり便秘の解消に効果的なため適量を摂取しましょう
胃によくない消化の悪い食べ物

  • アルコール類
  • コーヒーなどカフェインを含むもの
  • 炭酸飲料
  • 香辛料や唐辛子などの刺激の強い食べ物
  • 梅干しやレモン、柑橘類など、酸味の強い食べ物
  • 脂肪の多い油っぽい食べ物
  • 砂糖を多く含む甘い食べ物
  • 熱すぎる、または冷たい飲食物
  • カップ麺などの加工食品
  • 食物繊維の豊富な食べ物

4.その他

【受診科】

  • 消化器内科/消化器外科/内科/消化器科/胃腸科

【背中の痛みが生じる胃の病気・障害】

【胃潰瘍・十二指腸潰瘍が原因で起こる病気(合併症)】

  • 腹膜炎、肝膿瘍、急性胆嚢炎・胆管炎
スポンサーリンク

トップに戻る