背中の痛み〜背中右側の痛みがみられる病気・疾患

『背中の痛み』全解説」トップ画像
背中の痛みを症状から調べる 背中の痛みを原因から調べる
サブメニューに移動
背中の痛みの対策と予防 背中の痛みの体験談 「背中の痛み全解説」用語集

「背中の痛み全解説」パンくずリスト 背中の痛み」TOP > 体の部位ごとの症状 > 背中の右側に痛みが現れるもの

『背中の右側』に痛みがみられる病気・疾患

Sponsored Link

背中の痛みを引き起こす病気・疾患のなかで、特に背中の右側を中心に痛みを感じるものを紹介します。病名をクリックすると、病気のより詳しい症状・特徴、原因、治療法などが見られます。

※文中に記載している各症状は、病気に伴って現れる可能性のある症状です。病気になった全ての人に必ずしも見られる訳ではありません。



特に背中の右側に痛み伴うものには、「肝炎、肝臓がんなどの肝臓疾患」「胆嚢炎、胆石症、胆嚢がんなどの胆嚢疾患」等、主に体の右側にある臓器の病気・疾患が多く見られます。

◆肝炎(かんえん)・急性肝炎◆肝臓がん
【主な症状】
・背中の右側の痛み  ・黄疸がでる
・発熱・食欲不振・吐き気・嘔吐・腹痛など、風邪に似た症状
【その他の特徴】
肝炎や肝臓がんはある程度進行するまで症状がでないことも多く、風邪に似た症状が多いため、放置されて重症化したり誤診されるケースも多いです。
【主な原因】
肝炎の原因はカキによる感染、性行為、針刺し、過度の飲酒など。
 
◆胆石症(たんせきしょう)◆胆嚢炎(たんのうえん)◆胆嚢がん・胆管がん
【主な症状】
・背中の右側〜右下の痛み  ・黄疸がでる  ・吐き気、嘔吐
・下腹部(みぞおち)から右わき腹上部にかけての激しい痛み(右肩、右背中まで響くことも)
・尿の色が濃くなる、白い便が出る(胆石症)  ・下血(胆嚢がん)
【他の特徴】
胆嚢炎や胆石症は、脂肪の多い脂っこいものをたくさん食べた後にお腹周辺に違和感や痛みを感じるケースが多く見られます
【どんな病気?】
胆石症:胆嚢の器官内に大きな石が作られる病気で、食べ過ぎ、脂肪の摂り過ぎ、肥満、ストレス、不摂生などが主な原因です。
胆嚢炎:胆嚢内で細菌感染などが原因で炎症が起こる症状です。胆嚢内に流れを妨害する物質(胆石など)があると細菌が繁殖しやすいため、胆石症の患者に多く見られます。

関連項目

【背中の他の部位に痛みが見られる病気・疾病】
Sponsored Link

『背中の痛み』背中の右側に異常・障害の出る疾患 ページトップへ