背中痛改善グッズ 〜 おすすめ商品

『背中の痛み』タイトル
背中の痛みを症状から調べる 背中の痛みを原因から調べる
サブメニューに移動
背中の痛みの対策と予防 解剖図イラスト:背中の骨・筋肉 背中の痛みの体験談

背中の痛み TOP > 背中を痛める要因・生活習慣 > お役立ち商品
スポンサーリンク

背中腰の改善・予防に役立つ商品類

1.クッション類

デスクワークの多い事務員、パソコンを使う機会の多い人、長距離ドライバーなど、長時間座り続けることの多い人にオススメです。

◆ボディドクター バックアップ

イスの背もたれや車のシートに立てかけて使うタイプのクッションです。

腰とイスの間にできる"すき間"を埋め、さらに体重による負荷を分散することで腰や背中への負担を減らします。


◆Dr.お医者さんの円座クッションA

座布団タイプのクッションです。
クッション性が高く、座り心地も良いと、評判の良い商品です。座り続けることでお尻が痛くなる人にオススメです

その他のクッション


2.サポーター・コルセット・腹巻き

猫背を直す商品

主に腰を固定することを目的として腰に装着するもの(装具)です。

背中や腰への負担を和らげるだけでなく、姿勢を矯正したり、患部を温める効果も期待できます。

◆お薦めのサポーター・コルセット

上記サイトで様々な種類のサポーターやコルセットが販売されています。
薄手のもの、厚手のもの、圧力が強めのもの、弱めのものなど、商品によって違いがあります。
口コミ情報などを参考にしながら、自分の目的、サイズに合ったものを選びましょう。

◆腹巻き

腹巻イメージ画像

背中や腰を冷やすと、血液の流れが悪くなることで痛みを発症しやすくなり、回復も遅れます(参考:「冷え」による痛み)。

そんな時には「腹巻き」をするのがオススメです。
常にお腹や腰まわりを温かく保てるほか、腰が保護されているような安心感も得られます。最近の腹巻はデザインもオシャレなものが多くなっています。

販売サイト&口コミ情報

スポンサーリンク

3.運動器具・健康器具

◆ストレッチや腰痛体操用のマット

ヨガマット

硬いフローリングの床の上に座って体操を行うと、腰やお尻が痛くなることがあります。そんな時はヨガマットなどの体操用マットがオススメです。
適度な薄さなので、体が沈みこんで腰に悪影響を与えることもなく、床を汚す心配もありません。また、「体操している感」が出て、モチベーションも上がります。1000円前後で手軽に買えるものが多いので一つ持っていると良いでしょう。

販売サイト&口コミ情報

◆腹筋用の器具

上体を完全に起こす従来の腹筋運動のやり方は、腰にかかる負担が大きく、腰痛の原因となることが最近の研究で示されています。

専用の器具を利用することで、腰や首にかかる負担を大幅に減らしつつ、しっかりと腹筋を鍛えることができます。


◆サロフィックス バック・ストレッチャー DX

背中にあてて使用することで、背骨の自然なカーブを保つことができます。
イスに置いて使えば、背すじが伸びてキレイな姿勢を保つことができるほか、仰向けになって使えば背中や胸のストレッチングにもなるなど、色々な使い方ができます。

背中が丸まってしまい、姿勢が悪くなりがちな人にオススメです。


◆中山式 脊椎医学キョウセイベルト

猫背を直す商品

背中と腰に巻きつけるタイプの、姿勢矯正ベルトです。
丸くなった背筋を無理なく伸ばし、美しく健康的な姿勢を保ちます。

最初は10分程度の装着から初め、慣れてきたら徐々に装着時間を長くしていくことで猫背を矯正していくことができます。
締め付けがややキツく感じる人もいるため、自分に合ったサイズの物を選びましょう。

販売サイト&口コミ情報


4.インソール(靴の中敷き)

靴の中敷き

靴は靴底が厚いものやクッション性の高いものを履くと、歩行時の腰への負担を減らせます。また、靴のサイズも重要です。履いた時にカカトの後ろに指一本分くらいの隙間ができるのがちょうど良いサイズです。

良いインソール(中敷き)を使えば、「靴のクッション性を高める」、「履き心地を良くする」、「大きな靴でもある程度サイズを調整できる」といった効果が得られます。

◆お薦めのインソール

スポンサーリンク

このページの最初に戻る

トップに戻る