背中の痛みの全てが分かる総合情報サイト

『背中の痛み』タイトル
背中の痛みを症状から調べる 背中の痛みを原因から調べる
サブメニューに移動
背中の痛みの対策と予防 解剖図イラスト:背中の骨・筋肉 背中の痛みの体験談

スポンサーリンク

『背中の痛み』全解説 - メインコンテンツ

1.「症状」から調べる

背中どの辺りが痛むのか。背中の痛み以外にどんな症状が現れる可能性があるのか。

自分自身に生じている症状から、原因として考えられる病気や障害を調べることができます。

2.「原因」から調べる

主な症状が背中の痛みだけで、痛みの程度も軽ければ、一時的な筋肉痛・筋肉疲労であるケースがほとんどです。

しかし、背中以外の箇所にも様々な不快な症状が現れている場合、肩こりや腰痛、骨の劣化やゆがみ、内臓の病気など、背中以外の様々な要素が原因となっている可能性があります。

主な原因についてカテゴリごとに分類し、痛みの原因となる病気や障害を一覧で表示しています。

3.予防と対策

普段の日常生活において、生活習慣の乱れや不摂生が重なると、背中の痛みを発症する危険性が高まります。

姿勢や動作、運動、食生活、からだの冷え、疲れやストレス、加齢、病気やケガなど、背中痛の危険因子となりうるものについて、日常生活における改善のポイントなどを交えて解説しています。

痛みを予防・改善するために、普段の生活習慣を見直し、背中に優しい生活を送りましょう。

4.背中のイラスト図解

背中、肩、腰など、背中の痛みと関連のある部位の構造をイラスト付きで図解しています。

骨、軟骨、筋肉、靭帯、関節、神経などの組織について、その位置関係と名称、主な働きを確認できます。

5.体験談

背中に痛みを経験した人たちには、具体的にどういった症状が見られ、診察の結果、何が原因となって痛みが起こっていたのか、様々な症例を紹介しています。

自分自身のケースに良く似た症例がないか探ってみましょう。

スポンサーリンク


サブコンテンツ紹介

背中の筋肉疲労・筋肉痛による痛み
背中の痛みの原因として最も良く見られるのが、「背中の筋肉の疲労・筋肉痛」です。
症状の軽い軽度のものがほとんどですが、痛みの原因が解消されずに放置されると、痛みが慢性化したり、ぎっくり腰のような強い痛みを生じるケースもあります。
背骨の歪みや骨折による痛み
背骨や肋骨(あばら骨)を骨折した場合にも、背中に痛みが生じる場合があります。
そのほか、背骨が前後や左右にズレたりゆがんだり、骨盤のゆがみが痛みの原因となるケースもあります。
内臓の病気による背中の痛み
背中や肩、腰などの筋肉や骨に異常がないのに背中が痛むこともあります。
背中の痛み以外に、かぜのような症状、頭痛、腹痛、尿や便の異常など、様々な体の不調が生じている場合、内臓器官の疲れや病気が原因である可能性が高まります。
正しい姿勢と動作
日常生活における悪い姿勢や不適切な動作は、思った以上に体に負担をかけます。
特に、首、肩、腰への疲労の蓄積が背中の痛みにつながります。
こうした箇所に負担をかけない姿勢や動作を紹介しています。
背中の痛みに効く運動法
運動不足によって体力、筋力、柔軟性は低下し、骨も弱くなり、姿勢の悪さや肥満にもつながり、免疫(抵抗力)が低下して病気にもかかりやすくなります。
こうしたことは全て背中の痛みの原因となり得ます。
適度な運動を定期的に行うことで心身の健康につながり、痛みを解消するだけでなく、高い予防効果も得られます。
手軽にできるストレッチングや筋力トレーニング法、全身運動などを紹介しています。
医療機関で行われる治療法・診断法
背中の痛みの原因が、背骨の障害や内臓の病気である場合、病院などの医療機関で治療を受けることになります。
医療機関で行われる様々な診断法や治療法について紹介しています。
スポンサーリンク

このページの最初に戻る

トップに戻る